ゲームデザインてどんな仕事なの?

ゲームデザイナーの仕事内容とは

ゲームデザイナーの仕事は、ゲーム制作において最も重要とされる、キャラクターのデザインやゲームで使用するアイテムなどを考えて制作することが主な仕事になります。キャラクターのデザインと平行してゲームの世界観やストーリーを決めることもゲームデザイナーの仕事の一つです。
ゲームの種類は家庭用のゲームや携帯電話のアプリ、ゲームセンターに設置されているアーケードゲームといわれる物まで多岐に渡ってあります。ゲームのジャンルもRPGからパズルゲームまでさまざまなジャンルがあることから、仕事の幅が広いのがゲームデザイナーの特徴です。
ゲームデザイナーは自分の才能を生かせる仕事であることから、会社に雇用されている人だけでなく、フリーランスで活躍している人も少なくありません。

ゲームデザイナーになるために必要な資格と向いているタイプ

ゲームデザイナーになるには、コンピューターやゲームデザインを教えてくれる専門学校で知識と技術を学んでからプロとして活躍するのが一般的です。専門学校によっては卒業後に就職しやすい環境が整っている所もあります。そのほかにも、個人で制作したゲームを賞レースなどに出品して実績を作った後、ゲーム会社と契約をするという方法もあります。特別な資格を必要としない仕事ですが、多くの知識や経験が仕事を続けていく上で重要といえるでしょう。
ゲームデザイナーは、ゲームが好きであることが基本ですが、ゲーム以外のさまざまな知識にも精通していることが大切です。日々進歩しているゲーム業界や世の中のニーズについて、最先端の情報を吸収し続けられる勉強熱心な人ほどゲームデザイナーに向いているといえます。