専門学校に入る前に身につけておきたいスキル

ブラインドタッチは必須

ゲームをやっていて、『自分もこんなゲームが作れるようになりたい』や『自分の好きをたくさん詰め込んだゲームを作りたい』など、そんな夢を持ってゲーム関連の専門学校を目指している方も多いと思います。しかし、ゲームというものは膨大な量のプログラムの元に動いているものであることはご存知でしょうか?つまり、想像を絶するほどの膨大な量の文章を入力せねばならないのです。そんなときにタイピングが遅いのと早いのでは作業時間に絶望的な差が生じてしまいますよね。ゲームを作る上では、もちろん文字入力以外にもたくさんせねばならないことがあるため、文字入力に時間をかけると他の作業時間もどんどん少なくなってしまうんです。
それを防ぐためにも、ブラインドタッチは専門学校入学前に身につけておかねばいけないスキルと言えます。

必要最低限のプログラミングスキル

世の中には、小学生のうちからプログラミングを学び、若くして自作のゲームを作ったりしているような人も多く存在します。そんなライバルたちと入学時点で埋めようのない差があるのはその後のモチベーションにも響いてきますよね。ですから、”学校に入ってから勉強する”のではなく、”入学前から必要最低限のプログラミングスキルは必要”と言えます。
プログラミングというものは世間ではとても難しいものだと思われがちですが、基礎がしっかり頭に入っているとそんなに難しいものではないんです。ですから、最低限の知識をしっかりと身につけておけば入学後の授業もスムーズに頭に入っていきやすくなりますので、是非とも入学前に身につけておいて欲しいスキルと言えます。